オリーブオイルニュース Feed

オリーブオイルを造り手に学ぶ講習会

 オリーブオイル生産者を迎えて(オンライン)3回に分けて開催します。

オリーブ畑、品種の違い、製造方法と健康、利き分けテイスティング

 Incontro sull' Olio extra vergine d'oliva   

 

Ottobre2014_2Ottobre2014



【第1回】 5月28日(日)15:30~17:30

 ライブでオリーブ畑を見てみよう!

 畑の始まり、育てる為の剪定、品種と畑の関係性について

 利き分けテイスティング実践

 オリーブオイルに合わせるお食事(1品)

【第2回】 6月25日(日)15:30~17:30

   オリーブの敵や病気、マルケ州の豊富な品種と成長について

 テイスティング実践

 オリーブオイルに合わせるお食事(1品)



【第3回】 8月27日(日)15:30~17:30

オリーブオイル抽出方法、健康における重要性について、テイスティング実践

 

あなたも健康に良いオリーブオイル(EVOO)について知ってみませんか。

会費3000円 (オリーブオイルに合わせるお食事付き)詳細はこちら

夏向けの美味しいオリーブオイルを頂くレシピ

野菜のマチェドニア Macedonia di verdure

メロンのシャーベットを添えていろんな野菜にオリーブオイルを掛けるだけのデザート感覚の一品です。



Ottobre2014_3



初心者でもお気軽にご参加下さい。

★オリーブオイルの各種品種をテイスティング。テイスティング方法も学べます。

★オリーブオイルの香りや味わいの違い、健康との繋がりなど発見がいっぱい。

★オリーブオイルに合うお料理ご紹介。

【参加費】3回全コース 8,000円 オリーブオイルに合わせるお食事付き

     各回のみ参加の場合 1回3,000円  

  お申込みはこちらへどうぞ。 またはメールにて: info@lci-italia.com

Poldo_service_olio

イタリア‐マルケ州政府公認 オリーブオイル基礎コース



横浜
Prof. Fausto Malvolti & Prof. Ugo Testa
東京
Prof. Fausto Malvolti & Prof. Ugo Testa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアオリーブオイルプ鑑定士ロフェッショナル協会FLAVORは2014年6月~9月の間にマルケ州政府公認オリーブオイル鑑定士基礎基礎コースを日本で開催しました。

コースは東京と横浜で沢山の方にお集まり頂き、また、ご満足いただけたとの声を頂戴し、大変嬉しく思っております。

 

 

 

Prof.ssa Barbara Alfei
Presidente Tonino Cioccolanti

コースの内 はHPをご参照ください。

 

イタリアとライブに繋いで、イタリア人教授と意見交換しながら、テイスティングを実践する事もでき、有意義な内容となりました。

  IMGP0076IMGP0049

  FLAVOR協会のニュースレター  夏版では、この日本コースの初回について紹介されました。 Flavor NEWSLETTER Estate 2014をダウンロード 

 

 

LCI Direttrice Kyoko Matsuyama 

 IMGP0071

 

 

 

 

RIMG0018RIMG0028

 RIMG0027

 

 

試験終了後、修了証を授与!

1 235467891011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リストランテ『プリミバチ』の宇賀神シェフには毎回異なる珍しいオリーブオイルをお持ちし、それぞれに合わせたお料理を作ってくださいました! Grazie!

6

 

Takashi Ugajin & Kyoko Matsuyama

 

 

 

 

 

 

 

 

9 12

11


712 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリーブオイル専門家 バルバラ オルフェイについて Barbara Alfei

 この記事はイタリアのマルケ州でオリーブの木の再生に協力するアメリカとイギリスの団体が Barbara Alfei教授について書いたものです。

 イギリスやアメリカ、カナダのジャーナリストたちが選んだのは、COI(国際オリーブ理事会)エリートメンバーであり、人間的にも素晴らしいBarbara Alfei教授であった。

4.41.1

オリーブオイルテイスティングのレッスンは詳細に、丁寧に説明と実践でわかり易く展開された。

例えば、 テイスティングする際、正式なテイスティンググラスがなければ、無臭の小さなプラスティックカップが良い。(メタルスプーンだと味に影響を与えてしまう為)

先入観を避ける為、オリーブオイルの色を見ないことが普通です。見るとしてもろ過しているかどうかを確認する程度です。

次に香りです。鼻を近づけると、フレッシュかどうかわかります。ただし、簡単な事ではないので、慣れるには時間が掛かります。

  
2.23.3

 
次に口の中にオリーブオイルを運び、空気口を少し開けてテイスティングします。

オリーブオイルには砂糖や塩が入っていませんので、一番強く感じる味覚は苦みです。

それから、約10秒後に辛みを感じます。この持続性を実感すると驚かれることでしょう。

最後はワインテイスティングのように、吐いたりしないように。 

テイスティング体験で新しい感覚でオリーブオイルを味わい、新しい世界を発見したといえる。

オリーブオイルのテイスティングでは、貴方が思い浮かぶ香りや味覚の表現をすることは自由であるが、 ワインと違って、過剰表現は避けた方がよい。

楽しくいろんな刺激を受けたハッピーテイスティングレッスンであった。バルバラ先生に感謝。

記事はこちらに掲載。

BarbaraAlfei教授のレッスンは、6月20日(金)19:00~東京・吉祥寺にて。

詳細はこちら

 

オリーブオイルコース~Barbara Alfei教授を迎えて~

イタリアオリーブオイルコース 

講師にオリーブオイル鑑定士協会 ’FLAVOR' より モノヴァリエターレ(単一品種)を推奨、多くの生産者に熱い信頼を得るBarbara Alfei教授を迎えて、オリーブオイルテイスティングについて学びます。

 実は古代ローマ時代からカテゴリー分けをしていたように、オリーブオイルにも燃料用~食用があり、商品としては4つに分かれます。

皆さんは普段良いオリーブオイルを召し上がってますか。 

残念ながらイタリアブランドを利用して、安価大量生産するために他国のオリーブを混ぜて販売したり、エキストラバージンの規定に沿わないのにラベル表示をしたりと、消費者を惑わす規制破りもあったりします。

そこで、消費者側が欠陥オイルか良いオイルかを見分けられれば、体に悪いオイルを食することがなくなります。

更に、オリーブの品種500以上あることをご存知ですか。

イタリアもいろんな州で生産されておりますが、土着品種があり、香りや味覚に特徴があります。

例えばBarbara教授がいるマルケ州では青リンゴの香りと言われる少量生産の アスコナーラテネラ や一番生産量の多いプーリア州ではとても濃厚な コラティーナといった特徴的な品種があります。

品種を知ることで、合わせるお料理を考えたり、いろんなオリーブオイルを使ってみる楽しみが拡がります。

また、イタリアではどんなふうに使っているのでしょうか。

是非 下記講座で、オリーブオイルについて新たな発見をして頂き、オリーブの木のように健康で長生きしませんか。

 

オリーブオイル テイスティング 基礎コース

【コース内容】

1)  オリーブオイルの品質、栄養価

  感覚分析と評価のしかた 

  良いオイルと欠陥オイルを見分ける

  イタリアのオリーブ品種と国際品種  Part 1

  イタリアでの使用方法と食事の合わせ方 Part1

  テイスティング方法―各種テイスティング( 欠陥、異なる品種 5種類予定)

2) イタリアのオリーブ品種と国際品種 Part2

   モノヴァリエターリ(単一品種)の薦め -各種テイスティング

   化学分析と感覚分析による特徴の違いを知る

   イタリアでの使用方法、食事の合わせ方 Part2

   各種テイスティング (欠陥、異なる品種 5種類予定)

3) オリーブオイルの搾油・製造。

  保存方法。DOP、IGP、オーガニックの違い、制度内容について。

  ラベル表示について-規則。オリーブオイルの選び方~ラベルの見方。

  各種テイスティング‐(欠陥、異なる品種)  

  修了テスト。修了証授与。

 

オリーブオイル鑑定士コース

Barbara Alfei教授のライブレッスン!

 現地よりサンプルを送り、通信システムを利用したライブレッスン。イタリア人教授と意見交換しながらテイスティング。

通訳、日本語テキスト完備の為、初心者~資格者でテイスティング力アップや知識向上されたい方にお勧めです。

 

全3回(3回全て出席された方には修了証授与) 毎回テーマが異なり、1回だけの参加も可。

 【会場1 】 リストランテPrimiBaci (東京・吉祥寺)

 【日時 】(1) 6月20日(金)19:00~

            (2) 7月13日(日)15:30~

           (3) 9月7日(日)15:30~

               【参加費】1回12,000円/3回一括の場合33,000円 

              ※リストランテ開催のため、オリーブオイルを楽しむディナーが含まれます。

             ※3回受講される方にモノバリエターリ(単一品種)オリーブオイルプレゼントがございます。

            ※テイスティンググラス(イタリア製)の先行販売もございます。

  

【会場2】横浜 NHKカルチャーセンター

【日時 】(1) 7月12日(土)15:30~18:00

           (2) 8月2日(土)15:30~18:00 

           (3) 9月6日(土)15:30~18:00

             【参加費】 3回一括24,000円  (受付:NHKカルチャーセンター横浜)

            ※初回にモノバリエターリ(単一品種)のオリーブオイルのプレゼントがあります。

            ※テイスティンググラス(イタリア製)の先行販売もございます。

 

 お問い合わせ・お申込みはLCIオリーブオイルスタジオへ

Eメール info@lci-italia.com   TEL 0422-24-8897

 

 

Logo_regione_marche copia    FlavorAssam    LCI LOGO

 

シナモン風味オリーブオイルのオレンジタルト

Torta oliofficina 2【レシピ】Torta all'arancia con olio aromatizzato alla canella

シナモン風味オリーブオイル オレンジスポンジケーキ

≪材料≫

オレンジ 3個

小麦粉 300g

砂糖 200g

卵 3個

塩 ひとつまみ

シナモン風味 オリーブオイル 小さじ1

ベーキングパウダー 15g

≪糖衣材料≫

オレンジ3個

砂糖 100g

≪作り方≫

○オレンジをよく洗って、皮を削ります。

○卵黄と砂糖をクリーム状に約15分混ぜて、削った皮を加えます。

○篩いにかけた小麦粉とベーキングパウダー、塩、オリーブオイルを加えます。

○卵白をしっかりと泡立てて、優しく生地に混ぜます。

○直径32cmのケーキ型にシナモン風味オリーブオイルを塗り、小麦粉を少し篩っておきます。

○180°のオーブンで40分焼きます。

○オレンジの絞り汁に砂糖を入れて、水で少し伸ばして糖衣を作っておきます。

○タルトの表面にフォークで穴を開け、スプーンで糖衣を塗って染み込ませます。

○更に約20分焼いて出来上がり。

 

 

ニューヨークタイムズの記事『オリーブオイルのイタリアブランドが悪用され、エキストラバージンが消えていく』

ニューヨークタイムズでNicholaas Blechmanの記事『オリーブオイルのイタリアブランドが悪用され、エキストラバージンが消えていく』(2014年1月24日)

こちらのリンクをご覧ください。

イラストを使用してわかり易く解説しています。

イタリアの企業がどこまで知って行っているかは不明ですが、スペインやギリシャなど安価なオリーブを搾油してから、イタリアでボトリングすることで、『メイド イン イタリア』のシールが貼られ、アメリカを初め、海外に出荷されている。

海外のスーパーには真のエキストラバージンオリーブオイルはわずかしか並んでいない事がわかる。ある調査では輸入エキストラバージンの69%が偽りだったとある。

また、搾油後に、クロロフィルを注入して色を鮮やかなグリーンにしたり、カロチンを注入して風味を付けていることもある。

  

ニューヨークタイムズの記事『オリーブオイルのイタリアブランドが悪用され、エキストラバージンが消えていく』

ニューヨークタイムズでNicholaas Blechmanの記事『オリーブオイルのイタリアブランドが悪用され、エキストラバージンが消えていく』(2014年1月24日)

こちらのリンクをご覧ください。

イラストを使用してわかり易く解説しています。

イタリアの企業がどこまで知って行っているかは不明ですが、スペインやギリシャなど安価なオリーブを搾油してから、イタリアでボトリングすることで、『メイド イン イタリア』のシールが貼られ、アメリカを初め、海外に出荷されている。

海外のスーパーには真のエキストラバージンオリーブオイルはわずかしか並んでいない事がわかる。ある調査では輸入エキストラバージンの69%が偽りだったとある。

また、搾油後に、クロロフィルを注入して色を鮮やかなグリーンにしたり、カロチンを注入して風味を付けていることもある。

  

オリーブオイルBlog

イタリアBlog

リンク

  • 総合ビジネスリンク集イタリアビジネスリンク
  • mysite
    mytaste.jp