3

イタリアでは生産者の少ない食用オリーブにおいて新しい市場がある。

 生産者TgPuglia社代表、ロベルト・デ・ペトロは 「イタリアのオリーブオイル生産者にとって多様化するチャンスの到来」と提唱。

最近イタリアではアペリティーボ、ハッピーアワーの時に消費するオリーブの量が増加し、オリーブを食する第2位の国である。オリーブはコストを抑える為に輸入品を使用している。

そこで、オリーブオイル生産者の多くは食用オリーブを海外に輸出するという新しい商売に気付いたのある。とりわけ、プーリア州、シチリア州、ラツィオ州、リグーリア州、マルケ州では重要な品種が数多く、生産量も多い。

2013年は食用オリーブにとって大変な年だったが、UMAOが開く『Monna Oliva』という国内初オリーブコンテストによって品質を改善するべく、栽培に拍車を掛かるであろう。